×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

通電火災 対策

東日本大震災もあってご自宅で非常食を備蓄される方も増えてきましたね。

 

 

いざ、地震が起きた時やらなければいけないことって
なんだかわかりますか?

 

 

それは『ブレーカーを落とす』ことです。

 

あなたは大地震の中でブレーカーを落とす余裕はありますか?

 

 

実際に大きな地震を体験された方はベッドから身動きすら
できなかったと言われます。

 

そんな中で
火事になったら火を消せ!

 

ブレーカーを落とせ!

 

なんて言われてもできないことの方が圧倒的に多いです。

 

とはいえ、ブレーカーを落とさないと通電火災が起こる確率が
とても高くなってしまいます。

 

記憶の中で大きな阪神淡路大震災の時の火災では
なんと6割が通電火災だったということなんです。

 

住民が避難された後、電気が復旧した時に起こっているのです。

 

 

 

 

通電火災とは

 

大地震がおこると電気の供給が止まってしまいますよね。
すると大地震の際倒れてきた家具などで電気コードなどを断線させて
しまったり、知らない間にコンセントに水がかかっていたりしたら
数時間から数日後に電気が復旧した場合に発火したり漏電を起こして
火災になってしまいます。それを通電火災といいます。

 

 

 

 

じゃあどうしたらいいの?

 

 

 

 

そこで今すぐできる防災対策が
「スイッチ断ボールV」です。

 

 

 

 

地震が来たら自動でブレーカーを落として電気を遮断してくれます。
だれでもカンタンにブレーカーに装着することができ、揺れの大きさに
応じてブレーカーを落とすタイミングを3段階でセットすることができるのです。

 

 

 

 

 

しかも電池も電気も必要ないので停電になってしまっても大丈夫なんです。

 

 

 

 

もし家のブレーカーに装着できなかったら?

 

現在あるほどんどのブレーカーに対応しているので
装着できないということはおそらくありません。

 

 

 

「スイッチ断ボールV」をつけておくだけで自分の家を
通電火災から守ることができ、さらには周りの家への二次災害を防ぐことも
できるのです。

 

 

「そんなに大きな地震なんてめったに起きないと思うから
必要ないわ。」
なんて言ってられますか?

 

 

地震はいつどこで起こるかわかりません。
備蓄していても火事になってしまったら元も子もありませんよね。

 

 

もし自分と家族が無事でも家が火災でなくなってしまったら
貴重品も思い出も無くなってしまうんですよ。

 

 

そんな時、地震で万が一自分が動けなくても自動的に
「スイッチ断ボールV」
ブレーカーを落としてくれたら安全ですよね。

 

 

 

 

お高いんでしょ?

 

 

 

 

通電火災を防いでくれて、数千万円ものご自宅が
「スイッチ断ボールV」1つあるだけで守ることができます。

 

 

その金額なのですが、単品で3240円です。

 

 

 

 

この金額でご自宅が守れるならとてもお手頃価格なのではないでしょうか。
いざという時の備えとして設置しておいても損はない商品ですね。

 

 

 

>>スイッチ断ボールを見てみる